Art Islands TOKYO 2019

Oshima ok.jpg
osima ok 2.jpg
Oshima 3.jpg
O1.jpg

"ゴースト・レッスン"

"La leçon fantôme"

学校内にある物だけで構成されるこのインスタレーションは、廃校の教室を背景に、ブランクーシ(Constantin Brancusi 1876-1957) の作品「無限の柱」の構成要素である長斜方形をシンボルとしながら、人間の向上の軸である創造と学習をテーマとして扱っている。

このフォルムを彫刻した際の一刻一刻を作家自らが録音、出た木屑はすべて保存した。彫刻と音によるこのインスタレーションによって作家が表現するのは、自己を向上させるためには既知から自らを自由にすることも大切であること。
 

このことが、もしかするとこの教室に住むゴースト(お化け)の教えなのかもしれない・・・。

 

Composée uniquement d’éléments trouvés dans l école abandonnée d' Oshima ou se déroulait ce symposium, cette installation mettant au premier plan la salle de classe, aborde le sujet de la création et de l’apprentissage, piliers de l’élévation humaine symbolisé ici par une section de la colonne sans fin de Brancusi.

Julien Signolet a enregistré chaque coup d’outils et conserve tout les copeaux de la taille de cet élément rhomboïde. Son installation sculpturale et sonore nous questionne sur le fragile équilibre de ce que l' on crois savoir et sur l' importance des chutes qui jalonnent nos parcoures...